読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger ale

平凡な毎日を楽しく、幸せな日々に♡

窓の寒さ対策

  我が家の窓はリクシルのLow-E 複層ガラスで結露や寒さの対策をしています。しかし、一箇所だけ問題の窓が。。。

  それは、リビングにある全開放型引き込みの造作木製窓です。 二枚の窓を完全に引き込むための戸袋があるため、隙間ができてしまいます。

  設計の段階から、既製のペアガラス窓にするか、造作木製窓にするか悩みました。

  既製の木製サッシ窓にも引き込めるタイプのがあります。これだと気密性もとれ隙間風もないそうですが値段は高く我が家の予算では無理でした。

  リビングからの開放感をとるか、寒さに堪えるか悩みに悩みましてが、開放感の方が欲しいので寒いかもしれないと思いつつも造作木製窓にしました。

   木製窓にしてみて、気候の良い時期には全開放でき満足です。でも冬の寒さには困ります。

f:id:Jasmin-mom:20170114065514j:image

   窓を引き込むたの戸袋部分から入る冷気が隙間風になり、木製窓のそばにいるとスースーしてしまいます。また、我が家で一番大きな窓のため、窓からの気化熱により室温も下がってしまいます。

  寒さ対策として、外気温が低い日は障子を閉めておくと、暖房効率も上がり室温は下がりにくくなります。でも、スースーする隙間風は木製窓のそばにいると感じてしまうため隙間風対策をすることにしました。

  その隙間は、障子の重なる部分にある隙間です。

   障子の枠がラワン材のためしなりやすく、広いところで約8㎜、狭いところで約5㎜ありました。この隙間を埋めるために使ったのがモヘヤシールです。毛足が9ミリのものを使い、隙間の狭いところは毛足をカットして調整しました。f:id:Jasmin-mom:20170114065835j:image

  中央部分の隙間は広いため毛足が足りませんでしたが、隙間もほとんどなくなりスースーする感じも少なくなりました。同じように、障子を引き込む戸袋部分にもモヘヤシールをはり隙間をなくしました。

  これで、寒さが軽減できたら良いのですが。。。今年の冬はこの方法でやってみようと思います。